うずうず本舗の方向性


今回はうずうず本舗のポリシーと何故キッチンカーという業種を選択したかについてお話したいと思います。

現状ではうずうず本舗としては売上を伸ばしたいワケではなく(いや、伸ばせるには越したコトないのですが)、知名度を上げていきたいと考えています。

その前提でキッチンカーという特性上、どうしても凝った料理、尖った料理を提供するというのは難しいし、そう考えているお客様も多いと思います。

そんな中でうずら料理専門店をキッチンカーで始めたというのは一種の挑戦です。そう、チャレンジなんです!

固定店舗の方が知名度を上げるにあたっては断然有利なんですが、イニシャルコストを抑えたいというのは元々あったので、比較的初期コストのかからないキッチンカーで営業するコトに決めました。

知名度が上がって来て人気が出たら(?)、まずは大阪の日本橋か東京の秋葉原あたりに固定店舗をオープンして、ゆくゆくはフランチャイズで展開したいと考えています。

そう、キッチンカーで店舗を始めるというのは自分を追い込むためのチャレンジなんです!(2回目)

初期投資額を少なくしてリスクを小さくして、キッチンカーという不利な条件(尖った料理の提供が難しいコト)で営業して知名度を上げていくというのは、RPGで言ったらレベル1の裸の勇者がだんだんとお金稼いで武器や装備を充実させていくのに似ていると思います。

そこが面白いのです!!

飲食店で失敗する人の方が多いのは、大して美味しくないとか客観的に経営を考えずリサーチもなく独りよがりにやってるから、という理由がいろいろあるかもしれませんが、最大の理由は身の丈に合わずに(借金か賃貸で)固定店舗を構えたり内装や外観に資金をざぶざぶと投入して固定費を消費してるからだと思います。

キッチンカーだと自分の場合は車30万円、キッチンカーBOX70万円、内装とその他費用15万円の115万円で営業を始めてます。(スタッフも出来高払いで、実質固定費もゼロで運用しています)


これは(ちゃんとやれば)1年で回収出来る額だと思いますし、何より失敗しても115万円だけの損失で済みます。

何なら車を売ってキッチンカーBOXも売ったら30万円くらいは回収出来そうですし。

なので、失敗しても借金だけが残る、といったリスクはないので心穏やかなのです。

ていうか、固定店舗を構えるだけの資金は十分あるんですが… 汗

というワケで、変わった料理を提供するという属性的には不利になりますが、ローリスクの移動販売のキッチンカーで始めて、ゆくゆくはフランチャイズでうずうず本舗が全国に1327店舗出店出来たらな、と漠然と考えてます。

このようなうずら卵料理専門店という特異な属性、ポリシーに賛同して頂けるスタッフ、パートナーがいらっしゃいましたらフランチャイズ店舗を募集しています!

開業資金100万円くらいから始められます。是非お問合せください!

コメント